家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン

灼熱の闘い ! 湯の里、越後湯沢へ。



灼熱の闘い ! 湯の里、越後湯沢へ。

湯沢またーりオフ



「国境の長いトンネルを抜けると、そこは、雪国だった」
かつてある文豪がそう表現した場所。

湯沢。
Sのりたちの交流の舞台となっていた・・・。
2004年夏。高原にSのりは再び集う。

幹事の頭領。心に秘めた想いがあった。
本田宗一郎の言葉。
「己の作るものには、魂を込めよ」
頭領。言い放った。
「皆で、煎餅を焼く」
越後勢。うなづいた。
しかし、それは、試練の始まりだった。



灼熱の焼き場。適度な焼き加減は、手探りだった。



タレ付け。塗った後、どのタレか区別がつかなかった。

これは、文字どうり煎餅焼きに手を焼いた、Sのりたち。
挑戦とリラクゼーションの、ドラマである。




トップへ